ごろうさん、ガンですって

すい臓ガンになった自称働き盛りが弱音を吐いています。

長い夜

「どんどん歩いてくださいね」

もう見守りなしで点滴のキャスターを

杖代わりにして病棟を歩く。心電図や背中から入っていた点滴の針が外された。


手が自由になったので随分と楽になった。人差し指にオキシメーターが付いているだけで本当に不自由だ。

ようやく着替えが楽になった。


起き上がりの時の傷の痛みはまだまだ強い。でも少しずつ、痛くない起き上がりの仕方をトライしている。

立ち上がり、姿勢を伸ばそうとすると傷がつれて屁っ放り腰になる。

それでも何とか情けない格好で歩く、

少しでも歩く。何故か、、、


それは

お腹の張りが強くなってきたから。

術前は下剤を使用したし、術後は固形物はほとんど食べていないので、便秘なのかはわからない。


点滴の抗がん剤とオキシコンチンを服用していた時の、便がとことん硬くなってしまうあれとはまた別のつまり感がある。


ナースに何回か相談してみるが、

その都度聴診器を当ててくれて、

「腸はよく動いています」とのこと


うーん、しんどい。

お腹の切り口が痛くて

全然いきめないし。

明日は下剤出してもらおう。


汚い話でごめんなさい、

病室からの夜景をどうぞ。

奥の方に東京タワーが見えますよ。

新大久保に行ってみたい

傷が痛くて痛くてしょうがない

現実逃避の回想が続きます。


ヨン様のブームも終わりかけの頃か、


中学生になりたての娘と新大久保に

行ったような、、、


その当時はヨン様よりも

アイドル歌手達の盛り上がりが

大きかったかもしれない。

土産物屋は盛況で

レストランでは韓流イケメンに

サムギョプサルを切ってもらい

うっとりしている奥様方がいた。


初心者なので出来るだけ

駅から近いレスランに入った

気がする。

初心者のくせに予習しないので

サムギョプサルのイメージで、

肉肉しいイメージで頼んだのは

サムゲタン、、

音だけじゃなく、

「参鶏湯」という漢字ならイメージできたかもしれない。

出てきたのは鳥のスープだった。

すごくうまかったけど、

韓国焼肉デビューは失敗した。


その後のおみやげ屋さんでは、

KARAだったか、少女時代だかの

ステッカーと、ヘビやカタツムリといった、ちょっと引いてしまうような

エキスの入ったクリームなんかを買った。

アイドルみたいなおねいさんが売っていたし、

実際に使ってる、と言うから。


そのクリームを実際にはどうしたか

思い出せないし、娘と一緒に新大久保

なんて事はもう有り得ないから、失敗

でもいい思い出なんですけどね。


今の新大久保はコリアンタウンに負けないほど、他のアジア勢力が増えているらしい。久々に韓流ドラマを続けて観たので、新大久保に行ってみるのもいいかも。


あー、傷が痛い。しばし現実逃避。

韓流ドラマ「被告人」放送終了

韓流ドラマの「被告人」が

放送終了となった。

仕事を休むようになって

朝の時間にチャンネルを

切り替えていくと、

殆どの局がモーニングショー

なのに対し、お散歩もの連続からの

韓流ドラマという、独自路線の

テレビ東京。


韓流ドラマは一度見て

しまうと引き込まれてしまう。

ちょっと前は「トッケビ」という

ドラマだった気がする。

韓流イケメンと可愛いお嬢さんの、

恋愛に歴史を絡めてくる大技に

びっくりして

結構見ていたような気がする。


それで「被告人」の話ですが

陰謀で家族を失い、職も失った

検事が主人公なのです。

韓国ドラマの

不幸設定はなかなかすごいでね。


悪役の悪っぷりも大したもんで、時間前テレビ前集合の毎日でした


残念ながら入院なので、

大事な後半を見る事が出来なかった。

でもネットでストーリーは確認済み

刑務所からの脱獄やその方法は

「プリズンブレイク」を匂わせたり、

官権力に対する闘争であったり、

面白い要素のぶっ込みぶりは

すごいです。


退院したら、DVD借りに行こう。

しんどい時だから違うこと考えよう。