ごろうさん、ガンですって

すい臓ガンになった自称働き盛りが弱音を吐いています。

不安と感謝

37度台の熱と気持ちの悪さ、ズンと重い関節と筋肉の痛みは続いて、抗がん剤治療に身体がびっくりしているのを実感する。とにかく寝てばかり。


昼過ぎに奥さんが来て、夕食後に帰って行く。

忙しいからもう帰っていいよ、という気持ちと、もう少しいてほしいという気持ちが混ざって、まるで子供みたいにぶっきらぼうな態度をとってしまう。夜の駅に向かう彼女に、毎回病室の窓から手を振って見送っていた。

もちろんどこにいるのかなんて見えないけど。

夫のガンに動揺しているはずなのに、いつも優しく穏やかでいてくれる。とにかく感謝なのです。


夜は2時間おきにトイレに行き、オキノームもらおうか考えながら寝てしまうパターンが多かった。