ごろうさん、ガンですって

すい臓ガンになった自称働き盛りが弱音を吐いています。

長い夜

「どんどん歩いてくださいね」

もう見守りなしで点滴のキャスターを

杖代わりにして病棟を歩く。心電図や背中から入っていた点滴の針が外された。


手が自由になったので随分と楽になった。人差し指にオキシメーターが付いているだけで本当に不自由だ。

ようやく着替えが楽になった。


起き上がりの時の傷の痛みはまだまだ強い。でも少しずつ、痛くない起き上がりの仕方をトライしている。

立ち上がり、姿勢を伸ばそうとすると傷がつれて屁っ放り腰になる。

それでも何とか情けない格好で歩く、

少しでも歩く。何故か、、、


それは

お腹の張りが強くなってきたから。

術前は下剤を使用したし、術後は固形物はほとんど食べていないので、便秘なのかはわからない。


点滴の抗がん剤とオキシコンチンを服用していた時の、便がとことん硬くなってしまうあれとはまた別のつまり感がある。


ナースに何回か相談してみるが、

その都度聴診器を当ててくれて、

「腸はよく動いています」とのこと


うーん、しんどい。

お腹の切り口が痛くて

全然いきめないし。

明日は下剤出してもらおう。


汚い話でごめんなさい、

病室からの夜景をどうぞ。

奥の方に東京タワーが見えますよ。