ごろうさん、がんですって

すい臓がん、肺がんの術後に、ココロとカラダの充実生活を目指します。

ごろう走りました

膵がん・肺がんサバイバーのごろうです。
お立ち寄りくださり、ありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。


正月に地元のマラソン大会に参加しました。
年末の診察では、膵がん、肺がんともに術後の経過は良好だそうです。


腎臓には何やら腫瘤が、、というのは以前から言われておりますが、
取り急ぎ検査をしなければ、というものではないそうです。


でも肺がんの時もそんなスタートでしたけどねえ。


まあ、こちらもだいぶ図太くなっており、あまり気にしないのです。


それよりも正月のマラソン大会(たった5キロですが)に出ても大丈夫か
ということが私のトピックだったのですが、
呼吸器の医師からは
「大丈夫ですよー、肺はしっかり膨らんでいるし」とあっさりOKをいただき、
肝胆膵の医師からは
「ふふふ、5キロって辛いよねー」と運動不足おじさん的な共感を得ました。


そういうわけで、新年のマラソン大会(5キロですが)に参加してきました。
5キロエントリー者にはスピードチャレンジ的なガチ勢も多く、彼らと比べ
全くお話にならないタイムとなりましたが、無事制限内に完走できました。


住宅街コースでは沿道住民の声援もあり、坂道も歩かずに走り切りました。
苦しかったけど、全身で生きている実感を味わい、参加賞のタオルをもらって
気持ちよく帰ってきました。


そして、次の近隣のマラソン大会(5キロね)を検索し、
すでにエントリー済み。YouTubeでイメトレも開始です(5キロね)


このまま、がんの経過を見続けることができるのだろうか。
「お前、もう十分贅沢だろ」、という自覚は常にあります。


再び治療が必要になった時のために
しっかり体力作りをしておくこと。
後悔のないように
体が動かせるうちに、面白そうなことは何でもやってみるのです。


オレオレ詐欺、がんバージョン


ごろうのブログへのお立ち寄り、

ありがとうございます。


仕事中に母から電話がありました。

たった今、近くの口腔外科の医師から

電話があり、


今、お宅の息子さんを検査したところ、

喉に大きな癌が見つかりました。

息子さんは大変なショックを受けていて、、


なーんて言われたそうなので、母は

では、息子を電話口に出してください。

ときっぱり言うと、

医師はシーンとなったそう。


そもそも非通知番号の病院というのも

全くおかしいし、こりゃ詐欺だと

電話を切って、所在確認のため、

私に電話をしてきたとのことでした。


母上さま、

わたしゃ、すでに2回手術受けてるし、

今さらショックなんて受けませんよ。

大きな病院で診てもらっているのに

なぜ今さら近所の医者にかかるのか、、、


そうだよね、、、と

母親は込み上げる怒りを抑えつつ

交番に行って新しいパターンの

詐欺について話してきたそうです。


相手が悪かったなぁ。

がんではもう驚かないのです。

家族みんなでサバイブしてますから。



皆様も気をつけてくださいね。



坂道はちょっとね


膵がん、肺がんサバイバーのごろうです。


肺がんの手術から4か月。

術後の肋間神経の痛みは

ズキンと刺さる時があります。

傷口の高さで左側だけ痺れるのも

あまり変わりません。


仕方ないなぁ、という時は服薬します。


ネクストチャレンジ、

マラソン大会企画、着々と準備が

進んでおります。


昨日は実際のコースを走ってみました。

中盤と後半に予想外の上り坂があり、

これがキツイ。苦しくて坂道だけは

歩きで勘弁してやりました。


それでも何とか制限タイム内で

ゴールできそうなので、当日も

ここは早歩きでやり過ごしましょう。


先ずは完走目指します。

無理しない、無理しない。

さて、今週も頑張りましょう♪

いつもありがとうございます。