ごろうさん、がんですって

すい臓がん、肺がんの術後に、ココロとカラダの充実生活を目指します。

膵がん放射線治療を前に


ごろうのブログにお立ち寄りくださり

ありがとうございます。


検査の結果、肺に転移している膵がんが

じわじわと大きくなっているようです。


毎日を元気に楽しく過ごしたり、

がんを忘れるくらい忙しく仕事しても

結局がんは大きくなるようで。

ならばあまり気にしても仕方ないですね。

今この瞬間をどう過ごすのか、

ステージⅣのがん患者として大きなテーマ

です。まぁ、がんであろうと無かろうと

人が進む方向は同じなんだけど。


身体には放射線治療のためのラインや

マークが付けられている。

開腹開胸、内視鏡、ドレン傷もあるし

賑やかな身体になっています。


それでも

オリゴメタとして治療のカードが残っている

事に感謝しつつ、再びの放射線治療を前に

色々不安もあったりするのです。


ゴールデンウィーク、通勤電車も雰囲気が

違い、行楽客風、輪行の人、部活の若者達が多くなっています。皆様も素敵な休日を。

オリゴメタスタシス

ごろうのブログへのお立ち寄り、ありがとうございます。


膵がんの手術から3年半で肺に病変あり、原発性肺がんとして手術も、
1年で肺に複数の転移、再再発。
結局、全部膵がんが悪さしているとの診断になった。
つまり約2年前からステージⅣなのね、私。


治療の方針もはっきりとギアチェンジ。
画像で確認できる病巣が複数あってもとりあえず様子見に。


これが初めてのがん発見であれば、色々なことが猛スピードなのにね。


でもとりあえず悪さしていないがんの様子をみる、というのは
自分でも納得できる。


もう、大騒ぎしない。
再発がんの場合の抗がん剤治療の説明書に
できる限り意義のある時間を長く過ごせるように、、
と書いてあるのも素直に「そうだよねえ」と思える。


それでも今日の診察で、オリゴメタ(少数転移)として放射線治療の
提案があった。がん治療は日進月歩。本当にありがたい。
できることにはトライしてみよう。


それから今日の診察でびっくりしたことが、、、
診察券を受付機械に通したら、
長く主治医・執刀医として診察にあたって下さった医師の診察が入っている。
もう、診察はないと思っていたのに、、、


「元気かなって気になってね、、、
 ちゃんとカルテも追っているからね」
 
ほんとに涙出ますね。この医師の腕にも人間性にも救われている。


助けて頂いた命を無駄にしてはいけないですね。
まだまだまだ頑張りましょう。

ぼやいちゃいますよ


ごろうのブログへのお立ち寄り、
感謝感謝です。


今日もぼやいてしまいます。


もしかしたら
私のがんは過去の話になるのかな
なんて期待に反してがんは再再発。

昨年のグランドサイクル東京、レインボーブリッジライドに参加した自分、
お台場からレインボーブリッジ、東京ゲートブリッジを自転車で走ったのは
なんとも言えない爽快さだった。
職場の自転車部の部長から支給されたタイヤは、MTBをスピード感たっぷりの
別物にしてくれた。それでもロードバイクのスピードには全くついていけず、
ほしいものリストにロードが加わっていた。
がんのことなんて全く忘れていたかも。


さらに
調子も良いし、求められて異動した新しい職場でバリバリ働き始めたらこの結果。


タイミングが悪過ぎたね、、自分。


朝も早く帰りも遅くなった。かなり体力消耗している。
そうは言っても
しっかり働く充実感もあって厄介だ。疲れているのに気分良し。


タイミングが悪かった?


いや、そういうものだ。
がん相手にうまく
立ち回れるはずなどないのだ。


まぁ、次の検査でがんが増えたり大きくなっているなら、自分にブレーキかけよう。
この気持ちよくすり減っていく仕事のやり方でがんも増えていくならダメでしょう。


与えられたオマケの人生、よく考えよう。